出展者一覧
橋梁・トンネル技術展2021オンライン
ログイン
Webからの事前登録

併催イベント

特別講演Ⅰ・特別講演Ⅱは土木学会認定CPDプログラム及び全国土木施工管理技士会認定CPDS 認定プログラムです。

※プログラムの講師・演題は変更になる場合があります。

申込締切日:2021年11月19日(金) ※申込は終了しました。

鉄道技術展/橋梁・トンネル技術展 合同基調講演満席

会 期: 11月25日(木) 11:00~ 12:00
会 場: 幕張メッセ 国際会議場 国際会議室

11/11、満席となりましたので事前登録は終了いたしました。
「キャンセル待ちの予約」制度はございません。
当日の申込みは受付ておりません。


今後のモビリティ社会の展望 ―MaaS を踏まえた鉄道のイノベーション―

東京大学 生産技術研究所 次世代モビリティ研究センター
/モビリティ・イノベーション連携研究機構 教授/ 機構長 須田 義大

新型コロナ感染症の蔓延は、社会活動や人間の移動について、急速な変化をもたらしました。さらに、度重なる自然災害の猛威や、地球環境温暖化対策を見据えたカー ボンニュートラルなど、モビリティ社会が大きく変貌することが予想されます。その中で、鉄道のイノベーションについて、MaaSを踏まえたモビリティ社会の中でのあり方 について私見を紹介したいと思います。

特別講演Ⅰ満席

本講演は「土木学会認定CPDプログラム」「全国土木施工管理技士会連合会認定CDPSプログラム」
として認定されています。
(CPD単位:2.0 認定番号:JSCE21-1324)(CPDSユニット数:2 プログラム番号:674506)

会 期: 11月24日(水) 14:00~ 16:00
会 場: 幕張メッセ 国際会議場3F 301号室

11/11、満席となりましたので事前登録は終了いたしました。
「キャンセル待ちの予約」制度はございません。
当日の申込みは受付ておりません。


地下鉄トンネル維持管理への先端技術の導入(ドローン、BIシステム) ―東京メトロの例―

【1】全体概要(背景、目的、導入の流れ)

東京地下鉄(株) 工務部 土木担当部長 小西 真治

【2】ドローン導入準備(法規制、教育訓練、教育座学、機体開発)

(株)GJM 代表取締役 社長 後藤 純一

【3】全体概要通常全般検査への導入事例紹介(通常全般検査への導入、試験使用、マニュアル・規準)

東京地下鉄(株) 工務部 土木課 統括事務係 田中 大介

【4】BIシステムを用いた維持管理概要(システム全体、開発手順、維持管理委員会での利用)

東京地下鉄(株) 工務部 土木課 課長補佐 石川 幸宏

【5】全BIシステムを用いた維持管理詳細(システムの内容、今後の開発)

(株)ベイシスコンサルティング 猪村 元

【6】トンネル維持管理でのAI の活用(自動描画・はく離抽出システム、スーパーマルチモーダル分析システム)

北海道大学大学院 情報科学研究院メディアネットワーク部門 メディアダイナミクス研究室 前田 圭介

近年、社会環境の厳しい変化が起こっていますが、将来にわたって構造物の安全性を保っていくため、維持管理の品質向上と効率化が求められています。このためには、 先端技術やDXの導入が不可欠です。しかし、実務に導入するには様々なプロセスや工夫が必要です。ここでは、東京メトロで導入を進めているドローンやBIシステムを 例に実務への導入方法を紹介します。

特別講演 Ⅱ満席

本講演は「土木学会認定CPDプログラム」「全国土木施工管理技士会連合会認定CDPSプログラム」
として認定されています。
(CPD単位:1.0 認定番号:JSCE21-1325)(CPDSユニット数:1 プログラム番号:674556)

会 期: 11月25日(木) 13:30 ~ 14:30
会 場: 幕張メッセ 国際会議場3F 301号室

11/19、満席となりましたので事前登録は終了いたしました。
「キャンセル待ちの予約」制度はございません。
当日の申込みは受付ておりません。


高速道路におけるモニタリング技術の活用

東日本高速道路(株) 技術本部 総合技術センター長 本間 淳史

道路構造物の維持管理におけるモニタリング技術の活用に向けて、NEXCO東日本ではモニタリングシステム技術研究組合(RAIMS)の活動を通じて知見を取りまとめた。 本講演では、その要点を解説するとともに、会社独自のスマートメンテナンスハイウェイ(SMH)の取組みについても紹介する。

特別講演 Ⅲ

会 期: 11月26日(金) 10:00 ~ 12:00
会 場: 幕張メッセ 国際会議場3F 301号室

11/19 事前受付を終了いたしました。
当日枠が若干名様分ございます。
(直接会場にお越しください。お席が確保できない場合もございます)


移動における安全性・快適性の追求 ―持続可能なモビリティのあり方―

Sequence Design/移動環境への認知的アプローチ

STUDIO HAN DESIGN 代表 /元 公立前橋工科大学 教授 韓 亜由美
長年都市や地方の公共空間、中でも道路交通の分野のデザインを軸に活動してきました。中でも、新東名高速道路のジャンクション高架橋などの景観、東京湾アクアライントンネル進入路擁壁など、構造物から無機質な走行空間の安全性快適性向上のために、時間軸で変化を設計するシークエンスデザインに取り組んでいます。本講演では、シークエンスデザインに関するこれまでの取り組みと、多様化する移動手段における安全性・快適性の追求について触れていきます。

持続可能な社会を共創する次世代モビリティ

東京大学 生産技術研究所 次世代モビリティ研究センター 副センター長 教授 中野 公彦
東京大学では、自動走行バス(ラストマイル)や境町の実証実験など先進的なモビリティに関する様々な取り組みを行っています。本講演では、最新の実証実験についての報告の他、実証実験を通して生まれたシビックプライドや行動変容、地域住民の協力、既存の公共交通との共存などのソフト面での変容についても紹介します。さらに今後自動運転で課題となる「ELSI(倫理的,法的,社会的課題)」についても言及したいと考えています。

パネルディスカッション

モデレーター モビリティ・ジャーナリスト  楠田 悦子

このページのTOPへ